頭蓋仙骨療法を学ぶ

セミナーについて


和のお手当て講座・体験会

和のお手当てに興味はあるけど、一日かかるセミナーは難しい方や

お子さんや介護等で使いたいのでちょっと勉強してみたい方などは

まず和のお手当て講座がお薦めです。

また、和のお手当てとはどのようなものかをとりあえず体験してみたい、

という方向けに各地で体験会も行っています。

ぜひお気軽にお越しください。

家庭でできる和のお手当て講座 千葉開催はこちら
和のクラニオセイクラルセラピー体験会はこちら


ベーシックセミナーでは

日本の暮らしと身体にあわせた形のお手当をお伝えします。

足の内旋と足部、骨盤、腹部、胸部、頭部(耳)のお手当です。

それぞれの解剖学的意味と目的をお伝えし、ゆっくり丁寧に実技演習をしていきます。

主に畳の部屋で、床での手技を行います。

和の頭蓋仙骨療法ベーシックセミナー開催スケジュール


手を磨きあう おさらい会

繰り返しが大事

セミナーを受けて、すぐに習ったばかりの手当てをすることができます。

ピアノで例えると、明日から音階は弾けるようになるかもしれません。

でも、曲を弾けるようになるには、何度も繰り返して練習する必要があります。

人それぞれの熟成する期間が要します。 

同じように、手の仕事は、反復練習が大切。

いろんな人といろんなお身体で、いろんな季節に、 

繰り返し手当をし、また自ら手当を受けていく中で、発見と学びがその都度得られるでしょう。

ベーシックセミナー受講後はおさらい会にご参加を。


自分を整える

お手当ては、自分に向き合っていくプロセスともいえます。

手技はとてもシンプルなので、手当てする人の心身が整っていることが肝心です。

肩や手に力が入っていればそれが相手に伝わります。

「結果を出そう!」と思うとうまくいかないものです。

安定した姿勢と心持ちでいることが施術の結果を左右します。

おさらい会では自分を整えることと、自分と相手両方にとっての「心地よさ」を探求していきます。


視野がひろがる 

人と向き合う仕事は、テクニックだけでは成り立ちません。治療、リハビリ、美容、セラピー、介護、子育て、あらゆる活動しているいろんな職種のかたと出会い、職業を超えた気づきと情報交換も魅力の一つです。


●これまでの参加者

これまで、助産師、看護師、治療家、医師、育児支援者、整体師、鍼灸師、ヨガ等のインストラクター、アロマ・ホメオパシーをされる方々、障がい児支援・保育者、マッサージ師の方々、リハビリ、理学療法士、介護福祉士の方々、女性・妊産婦・母子のケアに関わる方々にご参加いただいております。

それぞれお持ちの技術と組み合わせて、幅広い用途で活用されています。

専門職以外のかたも、ご家族のケアのために、たくさんの方にご参加いただいています。


●その他講座 

介護に活かすお手当て講座

高齢者医療福祉(介護・看護・リハビリ)のあらゆるシーンで活用できることと、

お手当てを身体・感覚で学ぶ講座です。

受講後、介助場面で身体に触れている その手が、‘お手当て‘そのものになるよう、

和の頭蓋仙骨療法の手法をベースにお伝えします。

ベーシックセミナー受講の有無にかかわらず、ご参加いただけます。


助産に活かすお手当て講座

助産のあらゆるシーンで、お手当てを活用している先輩助産師たちから、後輩へ贈るお手当て講座です。

手法は「和の頭蓋仙骨療法」をベースにしたもので、明日から取り入れられるものをお伝えします。

根底にあるものは静かな「寄り添い」と「触診」

相手を感じつつも、操作することは何もなく、相手の癒える力、生み出す力の手助けをします。

ベーシックセミナー受講の有無にかかわらず、ご参加いただけます。



ゆっくりじっくり和のクラニオセイクラルセラピーを受けてみたいという方は
千葉Umiのいえサロン又はご自宅まで出張施術いたします。
お問い合わせは千葉Umiのいえまでお気軽にどうぞ。


全国各地でのセミナー開催情報は
「NPO法人 和のお手当て会」Hpをご覧ください
NPO法人 和のお手当て会 HP