9/9、10うさと展、ついに開催です!

横浜のUmiのいえで
この秋うさと展、初開催です。


うさとの服は

一人の人が織り、裁断、縫製までを手がける一点もの。  

大地の恵みを活かして染められ紡がれた糸は、着る人を優しく包みます。

身を保護する力があり、一度着たら手放せないとの声多数。  

京都店以外に店舗や通販はなく、全国各地のイベント販売でしか出会えません。

ぜひこの機会に、お気に入りの大切な一着に出会ってみてください。 




うさとの服はタイ・チェンマイを拠点に製作しています。 

布の素材は、綿(cotton)大麻(hemp)絹(silk)の三種類でそのほとんどは手紡ぎ、天然染め、手織りされています。

服に使用している布はタイ東北部、北タイ、ラオスの農村で村の女性たちを中心に織られています。


そんな、あったかいエネルギーたっぷりのうさとの服が

いよいよ、Umiのいえにやってきます。

 

カットソー、ベスト、ワンピース、スカート、ジャケット、ストール、パンツ、はおりもの、ふんどしなどなど 
一着あれば一生モノです。 

Umiのいえで、ゆったりと自然を味わっていただけたら幸いです。 


 ●●●●●●
〜あいをよる おもいをつむぐ こころをむすぶ〜 

自然のエネルギーに満ちあふれた服をまとえば、からだも心も魂も自然な呼吸を取り戻します。●●●●●



うさとの布は
タイやラオスの農村で織られています。 

布を織る村の女性たちには、生産ノルマも納期もありません。 

織り手には布のデザインから、縫い手には一着を
最初から最後まで担当してもらいます。 

布は一反一反どれも違うし
誰が縫うかによって、できあがるものは違います。

暮らしの中で育まれた布。
その布と寄り添う衣服との暮らし
うさとのものづくりは、ひとりひとりの暮らしとともにあります 



 USAATO -うさと 

http://www.usaato.com/



うさとファンの皆様には、Umiのいえの雰囲気を味わっていただきたい

そして、Umiのいえファンの皆さまにはうさとの服に出会っていただきたい

そんな気持ちでお出迎えいたします。


9/9・10 うさとの服 展示&販売会 in Umiのいえ 詳細はこちらから

0コメント

  • 1000 / 1000