アースデイちば大盛況で終了しました

5月22日、アースデイちば2016に千葉Umiのいえお手当て人チームで参加しました。


5月下旬なのに7月並みの暑さでしたが、いい風も吹いて、お天気にも恵まれた1日でした。

屋外でのイベントは

「あ、何だろう?マッサージ?気持ちよさそうだねー」

とお手当て中の様子が見ていただけるのが利点。


クラニオセイクラルセラピー?頭蓋仙骨療法?

と名前を聞いただけではなんだかイメージしにくい。

それでも、気持ちよさそうに寝ている人たち、そして笑顔でテントから去る人たち

それを見て、気持ちよさそうだからやってもらおう☆と次々にお手当てを受けてくださる方がいらっしゃいました。


子どもたちが遊んでいる間にちょっとお手当て(^^♪

友達がお買い物している間にちょっとお手当て

イベントを堪能し、お昼寝タイムにちょっとお手当て

ができるのもイベントでの利点

屋外なので、通常とは異なりベッドでのお手当てです。

風や話し声、音楽なども聞こえてきますが「風が気持ちいい」「音楽聞きがらもウトウトしていました」と大好評。

スタートからラストまで、途切れることなくたくさんの方にお手当てを受けていただきましたよ

<お客様からの声>

・アースデイちばのページで見つけて気になっていて、受けたいなーと思ってきてみました。

・産後で疲れているのでとっても助かります。

・初めて受けましたが、何だろう…一言では言い尽くせない不思議な感じ。でもとても安心感があって、あったかくて、身体が今とても楽です。

・まさにお母さんのあったかい手ですね。一度にお二人の方にお手当てしていただけるなんてすごい贅沢。

・肩、腰が痛いのがなくなりました。気持ちよかったー。今度は長い時間お願いしたいです。


お手当てを受けてくださった皆様、ありがとうございました。
アースデイちばは次回2017年、5月に開催予定だそうです^^


<和のクラニオセイクラルセラピー(和の頭蓋仙骨療法)とは>


クラニオセイクラルセラピーは、アメリカ発祥のソフトタッチの手技療法です。

クラニオ(頭蓋)セイクラル(仙骨)セラピー(療法)といいます。

「和の」となっているのは、その欧米生まれのクラニオを、より私たち日本人のからだやくらしに合わせた優しく安全な方法で行っているためです。

和のクラニオでは、強く押したりもんだりせず、身体のいろいろなところにゆっくり、優しく触れていきます。

優しく触れられることで、身体の組織や細胞はびっくりしたりこわばったり緊張することなく、ふんわりと緩み、ほどけて、その手の温かさやエネルギーが深くまで浸透していくのです。

その結果、身体の膜の中にある組織や体液のゆがみや流れが改善し、本来の快適で過ごしやすい状態へと戻っていきます。

特に「脳脊髄液」と呼ばれる脳や神経を守っている体液の流れが良くなることで、身体は深くリラックスし、自己治癒力が高まっていきます。

このセラピーは医療行為ではありませんが、自己治癒力を高めるので、一つの病気に限らず様々な症状を持った方に役立ちます。

とても優しい手技療法のため、大人の方だけでなく、赤ちゃん・小さなお子さん・妊婦さん・ご高齢の方など幅広く受けていただけます。


私たち和のクラニオのお手当て人たちは、相手の体の力を信じ、優しく寄り添っていくようにお手当てしていきます。どうぞ、あたたかくてリラックスできる心地よさを体感してください。


和の頭蓋仙骨療法を受けてみたい方はこちらから

和の頭蓋仙骨療法を学んでみたい方はこちら
をご覧ください。



0コメント

  • 1000 / 1000